タトゥー除去の痛みについて

タトゥー除去は、さまざまな治療方法があります。


レーザー治療や、皮膚の切り取り手術、皮膚の移植手術などの方法があり、痛みの度合いもそれぞれ違います。

タトゥー除去の痛み情報を利用しましょう。

レーザーでのタトゥー除去は、レーザーを用いて、タトゥーの色素を破壊することによって行います。

色素を破壊するため、痛みがある治療法であり、バチッと弾かれるような痛みを感じることがあります。

「機械彫り」と呼ばれる皮膚の深い部分まで色素が入っているタトゥーの場合は、レーザーの出力を上げなければ治療することができないため、痛さが通常よりも強いです。施術後に、軽いヒリヒリ感を感じることがありますが、数時間~数日程度で落ち着くケースがほとんどであり、比較的安全な治療をすることができます。

皮膚の切り取り手術は、タトゥーがある皮膚をすべて切り取る治療法です。


完全なタトゥー除去をすることができるため、この治療法を行う人も多数います。
少ない治療回数で確実にタトゥーを除去できるため、身体への負荷を最小限に抑えることができます。

初めてでもわかりやすい、NAVERまとめの情報をお届けします。

メスなどで体を切開する方法であるため、麻酔を利用して治療を進めていくため、痛さをあまり感じることなく治療を終えることができます。



皮膚の移植手術も、皮膚の切り取り手術のようにメスを利用して治療を行います。


麻酔を使って治療するため、痛くない治療を進めることができ、術後も飲み薬などで痛さをコントロールすることができるため、ストレスをあまり感じることなく治療を終えることができます。